住民参画のプロセス

住民参画のプロセス

2014年9月25日

コレカラ99をプラットフォームとして、九十九里エリアでたくさんの素敵なプロジェクトが実現していって欲しい ― そんな願いとともにスタートしたコレカラ99の活動ですが、それではコレカラ99は具体的に何をしていけば良いのか。寄付金に応募をした時点で、エシカルコミュニティを立ち上げることと、モデル事業を二つスタートさせることは決まっていました。しかし、そのエシカルコミュニティを具体的にどう動かしていくのかは動き始めてから同時進行で考えねばなりませんでした。そこで、コレカラ99に興味を持ってくださった方が、プロジェクトを動かしていくリーダーとなっていくまでに、どのような段階、あるいは仕組みが必要かを考えていきました。

住民参画のプロセス

STEP 1. ミライカフェ

ミライカフェはコレカラ99に入ってきてくださる方にとっての玄関のような場所です。ミライカフェでは、その日のテーマについて、ある時は講師の方をお招きしたり、ある時は映像を観たりして参加者皆で思考を深め、その後にグループディスカッションをする、というのが大体の流れです。ディスカッションの成果をその場の全員で共有した後には、席を立って自由に話ができる交流会の時間を設けています。

実際、コレカラ99に興味があるとご連絡をいただくと、通常まずは次のミライカフェへ来てくださるようご案内をします。お電話やメールで、コミュニティがどうのエシカルがどうの、と説明されても曖昧で分かりづらく、説明している方もされている方もハテナだらけになるのが関の山です。実際にその場・その空気感を体験していただくのが何よりです。ミライカフェは間口を広〜く開けてあるので、住民でなくとも、年齢を問わず、どなたでも参加していただけます。

STEP 2. メンバー制度

ミライカフェで色々な人と出会い、「自分が・地元を・自慢できる町に」の活動に加担したい! と思った方に用意されている次のステージ、それがメンバー制度です。メンバー制度は、コレカラ99のメンバーになっていただくための制度ですが、端的に言うと九十九里エリアで「自分が・地元を・自慢できる町に」するためにアクションを起こします! という宣言をしていただくことです。それは、九十九里エリアへのコミットメントを宣言することでもあります。そうした高い意識を持った方同士がミライカフェのような場で意気投合して何かのプロジェクトをスタートする、それがコレカラ99の描く青写真のひとつです。あるいは、九十九里で仕事の依頼をする際に、この人だったら高い意識を持ってやってくれそうだ、とメンバーの人に積極的に声をかけるという流れが作れたらと思いました。メンバー制度に関する詳細についてはメンバー制度ページを参照ください。

STEP 3. ミライ総選挙

プロジェクトを始めようと決意を固めたのは良いのですが、マンパワーが足りない、お金が足りない、知識が足りない…と問題が噴出。良くあることです。そんな方にもう1ステップ飛躍してもらうためのプロセスがミライ総選挙です。これは、九十九里でやりたいことのある方に立候補してもらい、そのプロジェクトの主旨に共感したメンバーの方からの支援を集めるローカルファンディングの仕組みです。支援はお金やスキルなど、そのメンバーが提供できるあらゆるものが対象です。このミライ総選挙で支援者を得るためには、立候補者は自分のやりたいことについて、実現性を検討し、課題を洗い直し、自分の熱意が人に伝わるよう言葉にしなければなりません。そのためには事務局がバックアップし、考えが整理されるまで何度もやりとりを重ねます。その点では、ミライ総選挙は資金や支援を集めるだけでなく、立候補者にとって自分のプロジェクトをブラッシュアップしていくための仕組みでもあるのです。

by nagisa

<関連記事>
設立の背景
ミライカフェは革命のはじまり

LINEで送る