自治体との協働

自治体との協働

2014年9月28日

2014年3月16日に開かれた第15回ミライカフェで、横芝光町のまちづくり会議「出前トーク」とコラボレーションをするかたちで自治体との協働の機会を持つことができました。、開催の数カ月前より、千葉県を介したかたちで準備を進め、実現に至りました。

横芝光町は、定期的に町づくりを語る「出前トーク」を実施しています。「出前トーク」とは、町民からのリクエストに応じて、町長が町民のもとへ出向きまちづくりについて意見交換をするもの。町民が、ウェブから申し込む形で実現します。参加者は高齢者が多く且つ決まった方ばかりで、特に若い方の参加がありませんでした。一方で、コレカラ99は、地域のミライに対し意識の高い若者が多く集まるミライカフェを自治体によるリアルな町づくりに活かしたいという希望がありました。ここでマッチングが成立し、佐藤町長にお越しいただくことができました。

当日は、コレカラ99のメンバーをはじめ、町政について伺いたい、実際にあれはどうなっているの?など高い関心を持つ方が多く集いました。そもそも「協働」とは何か、求めるだけ・受けるだけは「協働」とは言えないのではないか…。自治体と住民の協力体制の中で自ずと「目標を共有=ミライを共有」することが理想的な「協働」なのではないか、といったことについて話しました。

時間はあっという間に過ぎ、まだ話したい!との声が多数挙がりました。コレカラ99がスタートした際に気付いた、まちづくりは「住民一人でも出来ない、NPOだけでも出来ない、自治体だけでも出来ない」ということ。この気付きに充実に、今後もこのような機会を定期的に持っていきたい、と考えています。

by kaori

<関連記事>
ミライカフェは革命のはじまり

LINEで送る