ミライカフェVol.7 事務局レポート(2013年3月3日開催)

2014年9月29日

2013年3月3日、今回は場所を長柄町のエバーグリーンホースガーデンさんに移して、いつもとはすこーし雰囲気の異なるミライカフェが開催されました。外には穏やかな顔のお馬さんたちがくつろいでいて、時折、馬主さんたちと共に練習のため、広場のほうへ出ていきます。

そんなのどかな雰囲気の中、会場はうってかわって真剣なまなざしの参加者の皆さんが、第一部のゲストスピーカーである女性お二方のお話に耳を傾けていました。

おひとりは、地方公務員であり、2人のお嬢さんの母親である大島彩乃さん。そしてもうひとりは、暮らしプランナーとしてお仕事をされている一児の母、田村美奈子さん。そのお二人へのインタビューという形で場を取り仕切ってくださったのが、わかな音楽教室主宰でNPO法人マドレボニータでも活躍する若菜ひろみさんでした。

今回のお題は:母になっても自分らしく生きる「私たちの選択」。

お二人は、それぞれご自分がお子さんを出産されてから、どのように仕事に復帰されたのか、またどのように身体や心のトラブルと向き合ってこられたのかをお話してくださいました。さらに若菜さんからは、市町村など自治体の制度で、産前の母親を支援するものはあっても、産後はそれらがすべて生まれてきたこどものほうへ向いてしまい、産後の母親が抱える多くの悩みを社会が受け止められていない現実について指摘がありました。

いつにも増して、お子さんを連れた同年代の女性の参加が多かったことからも、こういった課題への女性の関心の高さが伺えました。また、そうした女性と一緒に参加をしてくださったパートナーの方や、単独でいらしていた男性の方も、女性と同じように真剣に聞き入っていました。

第二部では、若菜さんにご指導いただき、ふたり一組になってマドレボニータ流のワークを行いました。マインドマップを使ったワーク、なかなか難しくて、話したりない方、聴き足りない方もいたかもしれませんね!

そんなこんなで今月もミライカフェの時間はあっという間に過ぎ去り、時間ぎりぎり(というか過ぎていましたが。。。)まで熱い交流会が続いたのでした。

今回は、特にテーマがテーマだったので、お子さん連れの方にも躊躇せず参加していただきたいというのがあり、少しでもお子さんたちが会の間に楽しめるようにと、乗馬施設の中にあるラウンジをお借りしました。さらに、スタッフさんにお願いして、こどもたちのための「おうまさん教室」まで開催していただきました。ご協力、本当にありがとうございます!

今後もお子さん連れの方が、参加し易いような仕組みを考えていきたいと思っています。何か良い案やオススメの会場をご存じの方、是非、事務局までご一報ください☆

(文責:事務局-ミノワナギサ)

01

02

????????

04

05

LINEで送る